精密機械に欠かせない輸送技術をご紹介!

壊れないように注意しよう

温度管理を間違えないこと

温度調整ができるシステム

トラックに、クーラーを備えておくことをおすすめします。
それなら、温度調整が簡単にできるので輸送中に精密機械が壊れることはありません。
ぶつかった時の衝撃で壊れることも多いですが、精密機械は温度変化にも弱く、壊れることがあるので注意してください。
涼しい温度を、ずっと維持できるシステムを備えておきましょう。

温度変化によって精密機械に異常が起こっても、その場ではわかりません。
後から壊れていたから、弁償してほしいと言われることがあります。
後から言われても本当かわからないので、大きなトラブルが起こる原因になります。
自分の会社の信頼が失われる事態に発展するので、温度管理を徹底してください。
クーラーがあれば大丈夫です。

夏場と冬場に気をつけよう

夏と冬は、特に気温が大きく変化します。
普段よりも、車内の温度が変わらないよう意識してください。
また精密機械を運ぶ前に、何度ぐらいにしていればいいのか調べてください。
輸送する精密機械の種類によって、適温が変わります。
正しい温度を間違って認識していると、すぐ精密機械がダメになってしまいます。

心配であれば、時々車内の様子を見るといいですね。
すると温度が高すぎたり、逆に低すぎたりした時にすぐ気づいて調整できます。
仮に温度が変わっていても、すぐ適温に戻せば問題ないので安心してください。
緊張感をもって輸送することが大事ですが、神経質になりすぎるとストレスになります。
心に余裕を持って、精密機械を輸送しましょう。


この記事をシェアする