精密機械に欠かせない輸送技術をご紹介!

壊れないように注意しよう

丁寧に扱うことを意識しよう

ゆっくり荷物を移動させよう

荷物を移動させている時に、衝撃が与えられて精密機械が壊れてしまうかもしれません。
しかしそのようなトラブルは、作業する人が気を付ければ簡単に回避できます。
梱包材を使っていても油断しないで、丁寧に荷物をトラックに詰め込みましょう。
焦ると、雑になるので精密機械へのダメージが大きくなります。
ゆっくり作業してください。

早く精密機械を運ばないといけないと焦らないよう、時間に余裕を持ってください。
相手に精密機械を、いつまでに届ければいいのか確認してください。
早めに作業を開始していれば、ゆっくり輸送しても間に合います。
約束していた時間に精密機械が届かなかったら大きな問題になってしまうので、計画的に行動しましょう。

事前に伝えておこう

輸送するスタッフ全員に、今回は精密機械だと伝えておくことも忘れないでください。
知らないスタッフが、雑に扱ってしまうことが考えられます。
前もってデリケートな精密機械だと言っていれば、スタッフみんなが意識するので、丁寧に作業してくれると思います。
段ボールに精密機械が入っていると書いたり、取扱注意と書くのもおすすめです。

丁寧に扱わなければいけないものだと、アピールしてください。
輸送中にトラブルが起こって精密機械が壊れた場合は、輸送を担当した業者が責任を取らなければいけません。
かなり高価な精密機械を大量に傷つけた場合は、高額な損害賠償を請求されます。
余計な出費が起こらないよう、スタッフ全員で丁寧に運びましょう。


この記事をシェアする