精密機械に欠かせない輸送技術をご紹介!

壊れないように注意しよう

デリケートだと認識しよう

なぜ輸送中に壊れるトラックが多いのか

梱包する前は綺麗な状態だったのに、目的地に到着して段ボールを開けると、精密機械が壊れていたというトラブルが続出しています。
その原因は、移動中に揺れて、精密機械にダメージを与えていたことです。
ダメージを軽減する努力をすれば、無事に精密機械を輸送できるので安心してください。
そのため、精密機械に合ったサイズの段ボールを活用しましょう。

サイズが合っていない段ボールに詰めると、スキマが生じます。
すると輸送している時に、上下左右に揺れるので精密機械がダメージを受けます。
ちょうどいいサイズの段ボールであれば、多少揺れても大きなダメージがいくことはありません。
精密機械のサイズを調べて、ピッタリな段ボールを用意してください。

柔らかい素材で包めば大丈夫

ピッタリなサイズの段ボールを用意するだけでは、不安が残ります。
精密機械を守るため、梱包材を使ってください。
梱包材は、万が一衝撃が与えられても吸収してくれます。
精密機械に、ダメージが届くことはありません。
梱包材がなければ、柔らかい布なのでも大丈夫です。
特に壊れやすい精密機械であれば、何枚か梱包材を重ねるといいですね。

なかなか精密機械に合うサイズの段ボールを、見つけることができないかもしれません。
どうしても入手できなかった際は、スキマに梱包材を詰めてください。
精密機械が絶対に動かないぐらい、梱包材を詰めればどんな衝撃でも吸収してくれるので、安心して輸送できます。
ダメージを軽減する工夫を試しましょう。


この記事をシェアする